石井隆司法書士事務所 報酬規程


はじめに
 司法書士が依頼者から受ける報酬については、平成14年12月31日報酬に関する規定が会則から削除され、全国統一した報酬は廃止されました。
 主な理由として、公正な競争の確保や合理性の観点から依頼者と司法書士が対等な立場で合意した登記費用を報酬金額として自由に定めることができるとされました。
 これまでの司法書士報酬は、その業務の基本報酬部分(例えば、売買による所有権移転登記の報酬)と付随報酬部分(例えば、定款作成・認証代理・議事録、契約書等の作成・不動産売買決済時の立会い・事務処理のための日当・交通費等)で形成されています。
このほかに費用として、登録免許税(登記を受けることによって課される税金)、登記手数料(登記に関する登記事項証明書・要約書・公図の写しにかかる手数料)、日当、郵便切手代、交通費、供託金、保証金等がありました。

 報酬基準へと変更された日は、平成15年4月1日です。
以前のように何処の司法書士事務所へ依頼しても、報酬額はみんな同じということはありませんのでご留意をお願いします。
トップページへ戻る